不倫の相手と会うのなら定期的にルートを変えよう

いつも同じ喫茶店でコーヒーを飲む習慣があるというのは実に格好いいものですが、自由業でもないのにそういうことをするとなんだかしょぼくれて見えます。

同じ事をするというのは気持ちのいいことですが、時としてリスクをともなうものです。

同じところで不倫の相手と会うのはいかがかしら

不倫の相手とはいつも同じところでご飯を食べていつも同じホテルでセックスをするという方はいらっしゃいませんか。

確かに全くルートを考えなくてもいいですし、「いつものところ」などと連絡しておけば煩わしく場所の詳細を伝える必要も有りません。

しかし同じところで不倫の相手と会い続けていると、あるリスクが伴います。

それは「いつもあなたの旦那さんはどこそこのお店の近くにいるけれど大丈夫?」などとパートナーの耳に入る可能性があるからです。

言い逃れできる?

人間はいつどこで見られているかわかりません。

一度くらいならば相手も忘れてしまうでしょうが、何度も何度も同じところで繰り返し見ていればおかしく思うことでしょう。

先ほどのように奥さんの耳に入ったらあなたはどのように言い訳をするのでしょうか。

ちょっと難しいということがおわかりいただけるかと思います。

いくつかルートを用意しておく

不倫の相手に飽きられないためにも、リスク回避のためにもいくつかのデートコースは用意しておきましょう。

さもなくばもしもの時に言い逃れできなくなってしまいます。

多少なりと工夫するために頭を使うことが大切です。

難しく考えないで!

様々なルートを用意するといっても似たようなコースを用意しておけば良いのです。

単に起点と終点と経由地をちょこっとずつ変えるだけですからそれほど苦労しないでしょう。

オススメサイト

http://vibesninetime.com/